ターメリックダイエット レシピ

ターメリックダイエットのレシピ

ターメリックダイエットのレシピは、ごくシンプルなものばかりです。基本として抑えておきたいことは2つあります。

 

まず、一日に摂取するターメリックの量は一人あたり2gから3gまでにします。スパイスとして使っている限り、この量を超えて料理に使うことはまずないでしょう。

 

次に、ターメリックの主要成分であるクルクミンは、自然染料としても使われるほど染める力が強いという特徴を覚えておきましょう。
ターメリックを木べらで炒めると、そのヘラはターメリックで黄色く染まってなかなか色が落ちません。この特徴を生かして、白い食材を黄金色に染めるときれいなおかずが作れます。

 

ターメリックダイエットで一番人気があるレシピはターメリックライスです。

 

ターメリックライスは、カレーに合うだけでなく、肉料理や魚料理にも合うので、ターメリックを食生活に積極的に取り入れたい人にオススメのレシピです。

 

ターメリックライスの作り方

 

材料は米3合にターメリックの粉末を小さじ1/2杯、バター20g、塩少々です。

 

フライパンでバターを溶かしたら米を炒めます。ターメリックライスをそのままフライパンで作るのであれば、米を研がずに炒め始めた方がベタベタにならずに上手くいきます。

 

米が透き通ってきたら塩をふって、分量の水を加えたら蓋をします。強火で10分間煮た後、ごくごく弱火にしてしばらくたったら火を止めます。

 

フライパンの蓋をしばらくそのままにして蒸らします。

 

鍋で作るのは自信がないと言う人は、ご飯を研いでからバターと炒め、炊飯器にかければ出来上がりです。炊飯器のスイッチを入れる前に、米の上にぶつ切りの鶏肉やゴボウ、人参などを置けば、手軽にターメリックライスで炊き込みご飯が作れます。

 

ターメリックライスは、ちょっと甘い味も相性が良いので、干しブドウや干しイチヂクを入れて炊いてもおいしく出来上がります。ちょっとエキゾチックで個性的なターメリックライスになります。

 

ダイエット中なのでバターを使うのはちょっと・・という人は、オリーブオイルで炒めて味付けの塩の分量を加減すればOKです。風味付けにコショウをふってスパイシーな味わいにすればメリハリの利いた味になって、カロリーも抑えることができます。

 

 

カレーライスもターメリックを使うレシピの定番ですが、意外にカロリーが高いのが難点です。茹でた大豆を具に使う豆カレーなら、ターメリックをたっぷり取れる上、カロリーを抑えることができるのでターメリックダイエットに向いています。

 

ターメリックダイエットは、スパイスで具を炒めるのが基本です。慣れてきたらいろんな食材にターメリックを加えて、オリジナルレシピに挑戦するのも楽しいですよ。

スポンサードリンク

ターメリックダイエットのレシピ関連ページ

ターメリックダイエットとは
ターメリックダイエットの説明をしています。ターメリックにはなぜ痩せる効果があるのでしょうか。また、ターメリックダイエットにはアンチエイジング効果や便秘解消効果もあります。
ターメリックダイエットのやり方
ターメリックダイエットのやり方について説明しています。やり方は簡単。普段の食事の中にターメリックを少量摂り入れるだけでいいんです。
ターメリックダイエットの効果
ターメリックダイエットの効果について説明しています。ターメリックダイエットは、「すぐに〇〇キロ痩せる!」というようなダイエット方法ではありませんが、脂肪を燃えやすい体質に変えることが出来る効果があります。
ターメリックダイエットの注意点
ターメリックダイエットの注意点について書いています。ターメリックの過剰摂取に注意してください。また、肝臓障害のある方や妊娠中の方には勧められません。